アプリで知り合ったセフレ

「もう、帰っちゃうの?」「今日は妻の誕生日だから急いで帰らないと叱られる。」「あんなに愛し合った今日が誕生日なの?酷い旦那様。」「じゃぁ、もう辞めるか?」「やだよ、だって敬太君とのH大好きだもん。あっ、Hだけね。」「はい、はい。じゃぁ、また来るね。」「はーい。」

私は今、アプリで知り合ったセフレの人と愛し合い、そして帰って行った。別にアプリで知り合ったセフレということもあり、好きという気持ちはない。ただ、敬太君のアレが凄く大きいから気持ちよくそれだけのために私は彼のセフレになった。最初はただセフレがいたらいいなという気持ちで利用していたけれど、敬太君はアプリで知り合ったセフレの中では1番最高。
アプリ

そして、私は敬太君が帰った後はまた違う人に連絡を取った。次の人は食事だけの関係。つまり、パパ。暇な日に連絡してと言われ、連絡すると食事をご馳走してくれる優しいパパ。この人はキャバクラで知り合ったお客さん。身体の関係は数回しかないけど、身体なくても食事に連れてってくれる優しい人。

こうして、私の1日が終わった。次の日、敬太君から連絡があった。「今日は出張と偽り、そっちに泊まるのでよろしく。」という内容だ。私は「いいよ。」と、連絡したが敬太君はどうやら私のことセフレ以上に気持ちもあるけど私は違う。そろそろ潮時かなと思ってしまう。奥さんにバレないうちに退却しなければ、私は新しいアプリで知り合ったセフレを見つけようと思いました。
出会い系アプリ
ポケモンGO